最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸ゆかた

先日、きもの日和でも、いつもお世話になっている「鈴乃屋」さんで
小泉清子さんと江戸浴衣の染色職人、高橋常兵衞さんのトークショウが
ありました。高橋さんは日本に残る江戸時代の型紙を収集し、日本の伝統の
浴衣柄をたくさん染めていらっしゃいます。180年から200年くらい
前の貴重な型紙は、とてもモダンで、素敵なものばかりでした。
 お二人とも今年92歳だそうで、とてもそうは見えないお元気さに
圧倒されてしまいました。
100522_1401~01
100522_1407~01

江戸の人のデザイン意匠力も素晴らしいものばかりで、アイデアやその技術の
素晴らしさに感動するばかりです。今でこそ、できないものはないと言った
時代になっているんでしょうが、人間の感性と技術力をもってつくりあげ、伝えられて
きたものの素晴らしさは、何物にも代えられない尊さがありますね。

100522_1418~01
100522_1437~01

お二人が口を揃えておっしゃっていたのが、「日本にはこんなに素晴らしい
世界に誇れるものがある」というお言葉です。身にしみました。
もちろん現代にも世界に誇れるものはたくさんあるかもしれませんが、
もっと身じかに、暮らしの中にこんなに素晴らしいものがあるんだと、
あらためて感動した1日でした。これから浴衣の似合う季節ですね。
サラッと浴衣をまとって、江戸の町に思いを馳せるのもいいですね。

きもの日和、夏のイベントもやりたいですね。
夏には夏のきものの醍醐味がありますものね。
イベントがある時は、きもの日和ホームページにてお知らせします。
お楽しみに!

きもの日和実行委員会 スタッフ

スポンサーサイト

<< 「日本のおしゃれ展」 | ホーム | 下田黒船祭り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。