最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月12日頃までにファッションショーにエントリーされた方へのお詫び

きもの日和およびファッションショーへの多大なるご理解、き誠にありがとうございます。
サーバートラブルにより、9月20日から10月12日ごろまでの「エントリーフォーム」からの「ファッションショーへのエントリー」の一部が、当方で正常に受信できない状態となっておりました。
(現在は復旧しております。)

正常に受付されたエントリーにつきましては、きもの日和事務局から必ず「返信メール」の送付または「郵便・電話」等での確認をさせて頂いております。
大変お手数をお掛けいたしますが、返信メールが届いておられない、郵便・電話などが来ておられない方は今一度エントリーフォームまたは電話・メールなどでのエントリー頂けます様、よろしくお願いいたします。
この度、皆様には、ご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げます。
スポンサーサイト

2011年4月8日、9日の「きもの日和」中止のお知らせ

4月8日、9日に開催を予定しておりました「きもの日和with目黒雅叙園」は先の東北関東大震災の影響により開催を中止することになりました。
実行委員会はじめ、関係者の皆様と協議の上、この様な結論にいたりました。

「東北関東大震災」による被害は想像をはるかに超える甚大な物でした。被災した東北地方はもちろんのこと、その影響は関東地方、東京の都心にも及び、計画停電や、物資の不足、交通機関への影響など日常生活に支障をきたすまでになってしまいました。
このままでは、予定していたイベントの開催は難しく、来場いただくお客様やボランティアとして参加していただ
いている皆様にも大きな負担をおかけしてしまうと考えています。

「きもの日和」をご支援していただいている、目黒雅叙園さんをはじめ、後援いただいています皆様、
ご協賛いただいている企業の皆様、また応援やご寄付をいただいている皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいですが、今回はこの様な事情をご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
今後の予定については、まだ未定ですが、次の開催が決まりましたら、その時はまたご支援いただけましたら幸いです。

東北関東大震災により被災した皆様にはこころよりお見舞い申し上げます。

                    きもの日和実行委員会 委員長 西脇龍二
                          きもの日和実行委員 一同


●なお、「トラックバックキャンペーン」「twitterキャンペーン」も中止とさせて頂きます。
楽しみにして頂いておられた皆様にはたいへんご迷惑をお掛けいたします。

公式twitter開始!

きもの日和公式twitterアカウント開設いたしました!
http://twitter.com/#!/kimono_biyori

今年はtwitterを利用したキャンペーンも企画しております。
twitterアカウントをお持ちの方はフォローして頂くといい事があるかも?

いよいよ2ヵ月後に迫ったきもの日和 東京。
今後ともよろしくお願いいたします。

「日本のおしゃれ展」

きもの日和実行委員会でございます。

本年の「きもの日和」でもお世話になりました池田重子先生。
その展覧会が東京・銀座松屋で開かれます。
着物でお出かけしてみてはいかがでしょうか?


●●池田重子コレクション 日本のおしゃれ展●●

会期:12月29日(水)~1月17日(月)

開場時間:午前10時~午後8時(入場は閉場の30分前まで)
12月31日(金)は午後6時閉場。1月1日(祝・土)は休業。
 1月 2日(日)は午前9時30分会場、午後7時30分閉場。
 1月 3日(月)は午後7時30分閉場。最終日は午後5時閉場。

会場:松屋銀座8階大催事場
入場料:一般1,000(700)円、高大生700(500)円、中学生以下無料
    *( )内は前売料金。前売券はチケットぴあ、ローソンチケットにて発売。
                  (Pコード764ー417、Lコード33678)

テーマ : 和風、和物、日本の伝統 - ジャンル : 趣味・実用

江戸ゆかた

先日、きもの日和でも、いつもお世話になっている「鈴乃屋」さんで
小泉清子さんと江戸浴衣の染色職人、高橋常兵衞さんのトークショウが
ありました。高橋さんは日本に残る江戸時代の型紙を収集し、日本の伝統の
浴衣柄をたくさん染めていらっしゃいます。180年から200年くらい
前の貴重な型紙は、とてもモダンで、素敵なものばかりでした。
 お二人とも今年92歳だそうで、とてもそうは見えないお元気さに
圧倒されてしまいました。
100522_1401~01
100522_1407~01

江戸の人のデザイン意匠力も素晴らしいものばかりで、アイデアやその技術の
素晴らしさに感動するばかりです。今でこそ、できないものはないと言った
時代になっているんでしょうが、人間の感性と技術力をもってつくりあげ、伝えられて
きたものの素晴らしさは、何物にも代えられない尊さがありますね。

100522_1418~01
100522_1437~01

お二人が口を揃えておっしゃっていたのが、「日本にはこんなに素晴らしい
世界に誇れるものがある」というお言葉です。身にしみました。
もちろん現代にも世界に誇れるものはたくさんあるかもしれませんが、
もっと身じかに、暮らしの中にこんなに素晴らしいものがあるんだと、
あらためて感動した1日でした。これから浴衣の似合う季節ですね。
サラッと浴衣をまとって、江戸の町に思いを馳せるのもいいですね。

きもの日和、夏のイベントもやりたいですね。
夏には夏のきものの醍醐味がありますものね。
イベントがある時は、きもの日和ホームページにてお知らせします。
お楽しみに!

きもの日和実行委員会 スタッフ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。